美容皮膚科の重要事項とは?

毛深いことに悩んでいると、薄着になる季節は憂鬱に感じてしまいます。
夏には無駄毛処理を頻繁に行わなくてはならず、少し気を抜くと新たな毛が頭を出していたり、処理し忘れたものが見つかったりと、気を遣うことも多くなります。


無駄毛処理には、脱毛や徐毛、脱色がありますが、脱色は肌の弱い人には向いていないようです。

カミソリや電気シェーバーで徐毛する場合は、表面の毛をごく短時間でカットすることができるため、その手軽さが人気のようです。

肌をきちんとケアすれば、トラブルの心配もなく処理を行うことができますが、一本一本の毛が太い人は剃り跡が目立ってしまうことがあるようです。

また、徐毛後に伸びてきた無駄毛の断面は、切り株状であるため太くなったように見えます。



そのため、除毛したら無駄毛が濃くなったと錯覚を起こすことが多いようです。毛抜きや脱毛テープ、家庭用脱毛器で脱毛を行う場合は、一度処理をすれば、しばらくの期間効果が持続します。特別な脱毛グッズを必要としない毛抜きによる脱毛は、一本一本行う地道な作業であり、背中や見えない部分の処理を行いにくいという欠点があります。
脱毛テープは、一定範囲を一度に脱毛することができるので、大幅に時間短縮できますが、テープを剥がす時に、かなりの痛みを伴うようです。

家庭用脱毛器は、家庭で行う処理の中で、一番効果的な方法です。家庭用脱毛器の中でも、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を行える機器を選べば、毛根への働きかけにより、大幅に処理回数を減らすことができます。繰り返し使用することにより、無駄毛が細くなったり薄くなったりする、嬉しい二次的効果も期待できます。

無駄毛処理を行った後は、毛の働きを抑制するローションや、保湿効果の高い化粧水をたっぷりと塗って、肌の健康を守る努力をしなければなりません。
お肌は手を掛ければ掛けた分だけ応えてくれるものですので、頑張ってお手入れに励んで、美しい肌を手に入れたいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 newsing it!