無線Wifiを利用するための料金について

subpage01

インターネットに接続する際は、毎月支払う通信料を考慮して回線の種類やサービスを選ぶ必要があります。外出する機会が多い方や光回線の工事が困難な方であれば、無線Wifiサービスを選ぶことも可能です。
以前はADSLや光回線と比較すると無線Wifi接続サービスは月々の利用料金が高めに設定されていたり、通信量に制限があるケースがありました。



最近は無線Wifiサービスでもh仮回線よりも安い料金で利用ができるようになりました。


中にはデータ通信量が無制限で、大量のデータを通信しても速度制限を受けないサービスを提供している会社もあります。


光回線を設置する場合には最初に2万円前後の工事費用を負担しなければなりませんし、利用を中止する場合にも2万円前後の撤去費用が発生する会社があります。
光回線のサービスのほとんどは基本プランでは有線LAN用のルーターのみしか利用ができないので、スマートフォンやゲーム機などのモバイル機器を利用する場合には追加料金を支払って無線LAN用の機器をレンタルしなければなりません。これに対して無線Wifiサービスを利用する場合には設置工事が一切不要で、ルーター機器が手元に届いたら電源を入れるだけですぐにインターネットに接続することが可能です。


無線LAN用のルーターを追加で設置する必要もありません。



このため毎月支払うのは基本料金のみで、光回線を利用するよりも安い費用でインターネットに接続することができます。